高いタイプと低いタイプ|将来のことも考えすのこベッドゲット|変幻自在のベッドもある

将来のことも考えすのこベッドゲット|変幻自在のベッドもある

高いタイプと低いタイプ

横になる女性

三段ベッドの構造は二つに分かれているのでどちらにするのかよく考えましょう。一つは、単純に眠るスペースが三つ縦に並んでいるタイプです。もう一つは低い背丈に作られたタイプで、親子ベッドとよばれるものになっています。親子ベッドは通常の二段ベッドと同じような構造で、下の段のさらに下にベッド部分が収納できるようになっているのです。そのため下の段は通常の二段ベッドよりも床との距離が高く作られていて、子ベッドを引き出せば簡単に床の掃除がしやすくなっています。ベッドの下部分は掃除がしやすく、ホコリがたまってカビの温床にもなっているので、清潔に掃除できるのは嬉しいものです。しかも三段ベッドよりも低い背丈なので、上部分に子供の手が届きやすいのも安全で良いです。

通常の三段ベッドですが、これを親子で使う人もいます。最近は家庭での子供の数も減少してきましたが、大人も三段ベッドを使うのでベッドの売上は伸びてきているのです。大人が使う際には耐荷重もチェックしてから購入した方がいいのですが、これを使えばより家が幅広く使えるのでとても便利です。子供が家を出てベッドを使わなくなったら物置として使うことも可能です。取り外しできるタイプを選べば、部屋が分かれた際にも新しいベッドを購入する手間が省けるのも魅力的です。通販で購入すると自分で組み立てをしなければいけませんが、三段ベッドは二段よりもしっかり作業しなければいけませんので気をつけましょう。